興味のないはなしを聞かされ続けることは大変が・・・

人のツイートを聞くのが長所だと思っていたとある人物が「自分史」を作る仕事を立ち上げたそうです。シニアのみなさん、更に地点の社長などの直撃をして、編集し製本して関係のある人たちに配ってもらうといった仕事コンテンツで、まさにある仕事場の代表にインタビューして自分史の例を作る辺りまでやったそうです。だがその仕事はそこまでで棄権してしまいました。まさに直撃をしているうちに、人のツイートを聞くのが長所だというのは単なる分別だったということに気がついたといいます。つまり、興味のないツイートを聞かされ続けるほど、面倒なことはないということです。それには私も著しく肯けました。よく家内に「人の話を聞いていない」と指摘されますが、自分に人付き合いなかったり興味のないツイートは聞き流してしまうので、経験には残らないのです。世帯客なら謝れば済みますが、役割となるとツイートは別で、聞いたコンテンツを報道にしなければならないとなると困難事務だと思います。ツイートを聞くプロのために、世の中には「傾聴」という手法もあるそうで、学んでみる収穫がありみたいと思いました。着物買取サービスで見積もりを出してもらいました