いつまでも記憶に残る名優~フランキー堺君~

今回は「いつまでも記憶に残る名優~フランキー堺君~」についてです。さながらお願い申し上げます。

フランキー堺君は昭和を駆け抜けた名優です。写実的動きにくわえ、独特の見た目や茶目っ気のある所感など「インパクト」のあるモデル君で、「私は貝になりたい」という名作を最初に演じているモデル君です。やはりそのショウ風は高うわさを得ました。
フランキー堺君の信条は「滑稽」「人懐っこさ」「知恵」そうして「インパクトがある型破りさ」でしょう。

こういう習性が存分に始動されたのが、こちらも昭和を代表する巨星「森繁久彌」君を中心に据えた「社長関連」です。

フランキー君の役どころは、どっか一風変わった「異国クリエイターの支社長」といった売り物。
「奇天烈な英語」を話し、森繁君を惑いさせる姿は、本関連の一つのメリットといってもよいでしょう。

滑稽動きに加え、晩年氏はインテリの側面、「ユニバーシティレクチャー」の顔を持つようになり、後進の育成に当たられておりました。

素早く亡くなられてしまっただけに、再び元気に活躍する姿を見たかった・・ちゃんと「記憶に残る」名優君といえます。キレイモがキャンペーンが見逃せません